中学生の頃、ダンサーを夢見ていつも田んぼで踊っていました。22才の時、単身ダンス修行のためニューヨークに飛び立ち、帰国して踊り歌い振付し、後にミュージカルスクール「 池袋ミュージカル学院 」を立ち上げ、以来25年間舞台を志す若者の育成に携わってまいりました。

そんながむしゃらに走って来た自分も60代。自分と同年代の方が習えるミュージカルクラスを作ろうと思い立ち、2010年秋に30才以上の方の 池袋大人塾ミュージカルコース を開講し、今までに5回の劇場公演を行いました。

また2013年4月には、新たに60~80才の方のためのシニアミュージカル劇団池ミュー座を立ち上げ、1年間の稽古を経て、2014年3月に初めての劇場公演、2015年2月に第2回公演を上演いたしました。

ほとんどが初心者のシニア劇団員の皆さんが初めて集まった時には、この人たち本当に台詞を覚えて1年後に舞台に立てるのだろうか…と正直不安もありました。しかし、劇場公演が近づくにつれて、元気はつらつと稽古し、音楽や衣装や小道具が一つ一つ揃って行く…そんなささやかなことにも、心から喜んで公演への思いを高めて行く劇団員に、心動かされました。何より最初にお会いした時より、皆さん若々しくお元気になっているのです。

声がか細かった方は大きな声で歌い、膝が悪く稽古も椅子なしでは苦しかった方、持病のある方も笑顔で歌い踊り演じている。何より皆さんの表情が全然違います。ある程度の年齢になって、人によっては全く未経験の状態でダンス・歌・演技のレッスンを始めて、ここまで出来るというのは予想外でした。

そんな大人の輝く作品をもっと見たい、今まで自分がずっと携わって来たミュージカルを、これから同年代の方たちと、劇団という形で創り続けて行きたいというのが、私の願いです。

経験不問で60・70代の方を募集しておりますが、長年多くの生徒を育ててまいりました池袋ミュージカル学院のプロの講師が基礎から丁寧にレッスンすることによって、1年後には本格的なオリジナルミュージカルの舞台に出演することが出来ます。

市民ミュージカルは数多くありますが、大人がメインとなる本格的な舞台はほとんどありません。未経験者を指導する場合には特に、プロの講師の経験と技術が必要です。大人がメインの作品は既成の脚本ではほとんどありませんから、オリジナルで作品を作る必要もあります。実力と経験豊富なスタッフも必要です。

また、劇団だからと言って厳しい稽古で追い込むのではなく、出演者の方が心から楽しめるような、そんなのびのびとした雰囲気が作品に生きるような劇団を創りたいといつも心掛けております。学校ではなく劇団という形を取り、いつでも入れて、いつまでも在籍出来て、共に夢を追える、これからもそんな形で公演を創ってまいります。

僕の夢も、皆さんの夢も、まだまだ終わりません。


Copyright © 2009 IKEBUKURO SCHOOL OF MUSICAL all rights reserved.